甲状腺機能亢進症

【甲状腺機能亢進症とは】

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンが多過ぎて、様々な症状が出る病気です。若い女性に多く、日本では珍しい病気ではありません。主に10代から30代の女性で、動悸、急激な体重減少、倦怠感、不眠などを認める場合、一度甲状腺機能をチェックします。また検診などで甲状腺腫脹を認められた場合、甲状腺ホルモンの値に異常を来していないかどうか採血にてチェックします。循環器内科を受診する症状として、動悸、息切れ、心房細動などが多いです。

【甲状腺機能亢進症の症状】

甲状腺機能亢進症の症状は多彩です。甲状腺ホルモンは全身の活発さ、気力、体温や汗の調節、脈の調整、消化管の運動など幅広くに関わっているホルモンで、甲状腺機能亢進症では、全体的に元気が出過ぎる症状になります。逆に甲状腺ホルモンが足りないと全体的に元気がない症状になります。具体的には、脈が早い、ドキドキする、暑がり、汗っかき、熱っぽい、平熱が高くなった、食べている割に太らない、痩せた、お腹が緩い、生理不順、手の震え、活発になった、イライラしやすい、不安感、焦燥感、落ち着きがない、眠れない、夜遊び、浪費、過干渉、など、漠然とした心身の不調で、採血にて甲状腺機能亢進症が原因であったとわかる場合が多いです。甲状腺機能亢進症で未治療のまま長いと、甲状腺腫脹、甲状腺眼症として眼球突出、瞬きの増加、白目の広さの異常、頻脈、骨粗鬆症、低カリウム性周期性四肢麻痺などが生じます。精神症状としては、易怒性、焦燥感、不安神経症、不眠症、双極性障害、注意欠陥多動性障害、など精神疾患とよく似た症状を来たすこともしばしばあります。甲状腺の病気は、甲状腺の病気の家系、家族性があることが知られており、よく聞いてみたらお母様やおばあちゃんも実は甲状腺の病気であったということが少なくありません。いずれにせよ、甲状腺機能の異常を疑うような症状を認める場合、一度採血検査にて甲状腺機能をチェックします。

【甲状腺機能亢進症の検査】

甲状腺機能は採血検査で調べます。甲状腺ホルモン(fT3、fT4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、さらに甲状腺疾患の特異抗体、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)、抗サイログロブリン抗体(TgAb)、抗TSH受容体抗体(TRAb)を調べます。橋本病やバセドウ病など一般的な甲状腺の病気以外を疑う場合、甲状腺悪性腫瘍の除外が必要だと考えられる場合には必要に応じて甲状腺の専門病院にて精密検査をお願いしています。

【甲状腺機能亢進症の治療】

甲状腺機能亢進症と診断が確定したら、次にその原因を特定します。甲状腺機能亢進症の原因として最も多いのはバセドウ病です。バセドウ病は甲状腺刺激ホルモン受容体(TSH受容体)に対する自己抗体(TSH Receptor Antibody: TRAb)が原因の自己免疫性疾患で、自己抗体による刺激で甲状腺ホルモンが過剰になる病気です。治療開始時には一度甲状腺の専門医に紹介にて行っています。概要としては、内服療法、放射線療法、手術療法と大きく3つの選択肢があります。どの治療法にも一長一短があるので、専門医と相談のもと治療法を決めます。

・メルカゾール(チアマゾール)、チウラジール(プロバジール)、抗甲状腺薬です。甲状腺ホルモンの生成を抑え、甲状腺機能亢進症を治療します。治療は甲状腺刺激ホルモン受容体抗体が陰性となるまで、年単位で長期間の治療継続が必要です。0.05%の頻度で無顆粒球症という重篤な副作用が生じることがわかっているので、飲み始め、発熱時、定期的な採血にて異常がないことをチェックします。飲み薬のみで治療が可能なのがメリットです。

・ヨウ素の放射性同位体(Radio Isotope: RI)である放射性ヨードによる治療です。甲状腺機能低下症になることがしばしばあるのと、放射線を使うため妊娠中や授乳中は出来ません。手術の必要がなく、抗甲状腺薬による治療よりも治療が早期に終わるのがメリットです。

・手術療法、甲状腺を一部取り除きし、甲状腺ホルモンの値をコントールします。甲状腺機能低下症になることが多いのと、頸部に手術跡が残ります。放射線を使わなく、早く確実な治療であることがメリットです。

・インデラル(プロプラノロール)、メインテート(ビソプロロール)、テノーミン(アテノロール)、甲状腺機能亢進症による頻脈、動悸、手の震え症状の緩和に使います。

全ての薬には副作用がありますが、主治医はデメリット、メリットを総合的に考えて一人ひとりに最適な薬を処方しています。心配なことがあれば何なりと主治医またはかかりつけ薬局の薬剤師さんまでご相談ください。


 

PAGETOP