ピロリ菌除菌治療

ピロリ菌の感染判定

ピロリ菌の感染判定は採血検査(ピロリ菌IgG抗体)が簡便です。
・1年以内に内視鏡検査をしたことがある場合:保険適応(80点)
・1年以内に内視鏡検査をしたことがない場合:保険適応外(当院の場合、1000円)
※当院ではやっていませんが、便検査、尿検査、内視鏡検査等でも判定可能です。

ピロリ菌の除菌治療と除菌判定

「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン」に従います。
一次除菌セット(P-CAB 20mg 2T、AMPC 250mg 6、CAM 200mg 4T)
1日2回朝夕食後、7日間内服、飲み忘れないように、除菌成功率92.6%

次回、除菌判定:
(1)内服終了後4週間以降に検査、胃酸抑制薬等は休止
(2)最終食事から4時間以上開けた空腹状態で検査、水はOK
(3)合計20分の検査(呼気採取1回目、左側臥位15分、座位5分、呼気採取2回目)