心室期外収縮

【心室期外収縮とは】

心室期外収縮は、健診の心電図検査などで心電図異常を指摘され、要精査などと書かれるもので一番多い所見の一つです。人間の心臓は一日10万回くらい一定のリズムで脈を打っていますが、10万回のうち何回かはズレて脈を打つことがあります。このズレのことを期外収縮(Premature Contraction)と言い、ズレた脈が心室(Ventricular)という場所から出た場合、心室期外収縮(Premature Ventricular Contraction: PVC)と呼びます。心室期外収縮は、誰でも数十回から数百回程度は認めるもので、基礎心疾患を認めない場合、治療の必要性はありません。健診の時の心電図検査中にたまたま出たか出なかったかの違いだけで、基礎心疾患が何もない場合は、心室期外収縮は何回出たとしても、そのまま放置しても特に命に関わらないことが既にわかっているからです。以上の理由から、心室期外収縮の精査においては、治療が必要な何か心疾患があるかないかを調べることが主な目的になります。

【心室期外収縮の精査の流れ】

心室期外収縮の精査は治療が必要な何か心疾患があるかないかを調べることが主な目的です。具体的には、

1、基礎心疾患がないこと

2、心室期外収縮以外に治療が必要な不整脈がないこと

この2つを調べることが主な目的になります。まずは、採血検査で主にBNPという心疾患のマーカーによって心臓へ大きな負担が掛かっていないこと、必要に応じて脈を調整するホルモン、血圧を調整するホルモンに、動脈硬化性のリスク因子等の異常がないかをチェックします。次に、ホルター心電図検査によって、心室期外収縮以外に治療が必要な不整脈がないことを調べます。心室期外収縮とは直接関係は強くありませんが、冠動脈疾患のリスク因子を多く認める場合は受診をきっかけに、冠動脈CTまたは心臓MRIなど心臓の血管に異常はないか必要に応じて検査を進めて行きます。

【基礎心疾患を何も認めない場合】

精査の結果、基礎心疾患が何もなく、心室期外収縮以外に治療が必要な不整脈がないことがわかった場合、心室期外収縮のみの心電図異常は特に治療は必要ありません。一日10万回の脈のうち数十から数百回までの期外収縮は誰にでもある正常範囲の脈のズレですので特に心配しなくて大丈夫です。一日一万回を超える期外収縮であっても基礎心疾患を認めない場合は経過観察で問題ありません。経過観察とは、半年に一回から年に一回程度、変わりがないか、異常がないか適宜心電図やホルター心電図でチェックをするということです。精査の結果、期外収縮の他に、治療の必要な不整脈、治療の必要な心疾患が見付かればそれぞれに対し適切に治療をしていきます。

【強い自覚症状を認める場合】

心室期外収縮に一致して動悸症状を自覚する場合があります。心室期外収縮の回数によらず、どの程度自覚するかは個人差が非常に大きく、人それぞれです。心配ないものとわかれば症状もあまり気にならなくなる場合が多いのですが、症状がどうしても気になって生活に支障が出てしまうような場合は、適宜症状を和らげる治療もあります。ストレス、緊張、運動、過労、睡眠不足、季節の変わり目、飲酒、喫煙、カフェイン、栄養ドリンクの摂取などの何らかの刺激が関係していることが多いので、誘因となる生活習慣を改善することで症状が軽快することが少なくありません。それでも強い自覚症状を認める場合は、抗不整脈薬と、カテーテルアブレーションという治療の選択肢があります。基礎心疾患が何もない場合、心室期外収縮だけでは特に命に関わらないものではあるため治療は必須ではありません。どうしても強い自覚症状を認め、強い苦痛を伴っている場合は、カテーテルアブレーション専門の病院へ紹介します。特に自覚症状がなければ何も治療しなくても構いません。詳しくは日本不整脈心電学会のページをご覧ください。

http://new.jhrs.or.jp/public/lecture/lecture-2/lecture-2-a-8

以上、健診の心電図異常で一番多い心室期外収縮について説明しました。何かわからないことがあれば主治医までご相談ください。


PAGETOP